美容室にとってリピート率が低いということは、お客様が継続して来店してくれる割合が低いことを意味しています。来店してくれないということはお客様が求めているものと美容室が提供しているものとにミスマッチを起こしていることが考えられます。

お客様の満足度が高くない

リピートしてくれない最大の要因はお客様の満足度が高くないからです。満足度が仮に高いとしたら、絶対にその美容室に再び来店したいと思うはずです。美容室に再び来店したいような魅力が感じられないのであれば、別の魅力ある美容室が出てきたら当然そこに通うのは当たり前のことではないでしょうか。
しかし、満足度がそれほど高くないということですから、いつでも別の美容室に取って代わる可能性があるということです。今のところは不可が無く可ぐらいに相当するので一応利用していますが、もっといい美容室があればそこに行く可能性は十分にあるということです。
実際に来店してみたが不満なことが起きた場合には、二度と来店しないということが起こり得ます。イメージしていたスタイルと全然仕上がりが異なるとか、施術を受けるまでに相当待たされた、パーマや縮毛矯正がすぐに取れたなどのことが起きれば、リピートしてくれないのも分かる話です。

集めたいお客様をはっきりさせる

美容室とお客様とでミスマッチが起きているとなかなかリピート率が上がらないことになるので、自分たちの売りをはっきりさせたうえでアプリなどで積極的にアピールしてみるのがいいでしょう。売りをはっきりさせると共に、集めたいと思っているお客様を満足させるために美容室が積極的に情報発信をしたり、施術のレベルを上げたりすることが大事です。そのことでリピート率が上がる可能性が出てきます。

Related Post