リピート率の管理をする時には、美容室全体だけで考えるのではなく、スタッフ別にも考えた方がいいということです。スタッフを吊し上げるという意味ではなく、強みを活かして弱みを補強することができれば、もっとアプリで予約してもらえる可能性があるからです。

スタッフの吊し上げに利用しない

リピート率を管理するに当たり、一番重要になってくるのが悪いスタッフをあぶりだすということではありません。悪いスタッフに対してプレッシャーを与えて目標を達成させるという手段で用いることでは無く、悪いスタッフの短所を改善することに用いるべきです。
リピート率の管理をする時に良いスタッフと悪いスタッフが当然いるのは分かります。リストラなどで活用するために、悪いスタッフをあぶりだすという目的で利用しても美容室が活性化することは無いでしょう。悪いスタッフの切り捨てをしても仕方がありませんので、悪いところを是正するための手段を与えるようにすることが肝心です。

良いところを共有し合う

せっかくスタッフ別のリピート率というデータがあるわけですから、これを有効に使いながら良いスタッフを育てていくことが理想的な展開です。スタッフ別のリピート率を見ていくに当たり、どういうデータが抽出することができるのかがポイントになります。データを抽出した時にスタッフごとの特徴が分かってきますので、どうしてこういう強みがあるのかを解析します。
強みがあるということは、その理由や背景がありますので、それをスタッフ間で共有していくことで、美容室全体での売り上げアップに繋がります。スタッフごとに工夫していることがあり、それが強みとして出ている可能性が高いですので、それを全体で共有することで美容室全体を強くするという発想が必要です。

Related Post