美容室経営を安定化させるためには、何よりもリピーターを増やすことに限ります。リピーターが増えるようになると客単価がアップしますので、経営が安定化してきます。リピーターを増やすためには、次回にも来てもらうためのきっかけを作ることが必要不可欠です。きっかけが無ければ来店することなく別の美容室に移ることになるでしょうから、きっかけづくりが肝心です。

安さ狙いのお客様であっても来店してもらうきっかけが必要

美容室を安さ狙いで来店するお客様が一定するいますが、そういう安さ狙いであってもこの美容室にもう一度来てみようかなというきっかけを与えることができれば、リピーターになってくれる可能性が出てきます。こういうお客様が一般的にリピート率が低いと言われていますが、美容室に来るきっかけを与えることで、リピートしてもらえることも十分にあります。やるべきことをやれば集客が望めるのではないでしょうか。

クーポンを有効的に活用する

2回目以降の来店のきっかけづくりとしてクーポンを有効活用するのもいいでしょう。2回目以降の来店であっても喜んでもらえるようなクーポンを出すといいです。別の方向性として、限定缶を煽るような形でのクーポンを発行してもいいでしょう。アプリで予約をしてもらうとお得なクーポンを配布することが容易にできますので、アプリの活用を促す形でも構いません。

来店サイクルを利用する

美容室の来店には一定のサイクルが存在します。人によっては1か月毎とか2ヶ月毎などのサイクルがありますから、そのサイクルごとに来店を促すような声かけをしてみるといいでしょう。例えば、60日以内の来店なら割引ができるみたいな理由づけをしてみることをおすすめします。

Related Post